水色

○月×日 通り雨の朝に

ふわふわな言葉を空に投げて

気付かないふりをした微かな光など

儚く薄れては少しだけ滲んだの

 

それはあまりに綺麗すぎて

まっすぐ見れないの

 

透明な景色の中で咲いた花は

いつも風に揺られて

何を思い浮かべているのでしょう

ただ水色に染められて

 

静かに響いた命の歌声が

いつかはその耳に届くように

例えばもう明日が来ないとするのなら

どんな言葉たちを私は紡ぐのでしょう

 

そうね、確かに感じたこと

ひとつ抱きしめて

 

永遠に変わらないものがあるのなら

それはあなたの色で

廻る世界にひとりぼっちでもさ

まだ見えるものがあるでしょう?

 

寄り添うことに意味がないというのなら

きっとこんな世界は

廻る意味を失くしてしまうから

どうか消えないで

 

透明な景色の中で咲いた花は

いつも風に揺られて

何を思い浮かべているのでしょう

ただ水色に染められて

(作詞、作曲:Ryota)

広告を非表示にする